今日の人気のジョグジャカルタからのお土産

ジョグジャカルタの特別なお土産やギフトは、街への旅行から得られる経験の一部です。実際、この街から何も持たずに家に帰ると、あなたは本当にユニークなものを逃してしまいます。あなたの家族や友人は、あなたの贈り物を感謝し、お土産を通して、彼ら自身が街に行くことに興味ができるかもしれません。そして、お互いの経験を共有することができます。

ジョグジャカルタの特別なお土産やギフトは本当にユニークです。ほとんどが手工芸品とテキスタイルの形をしており、サイズが異なります。キーリングのように小さいものもあれば、飛行機の貨物の中に特別な場所を確保する必要があるものもあります。しかし、あなたはジョグジャカルタから家に持ち帰れる唯一のものは手工芸品だと考えるのは間違いでしょう。彼らは街から最も良いお土産を作り上げる物のほんの一部です。市内のスナックは家に持ち帰る価値があり、飛行機でも車でも持ち運びに耐えることができます。長い保存時間は、化学的保存を使用することなく、特別な調製方法によって可能となっています。


ジョグジャカルタの特別な記念品や贈り物は、下記の短いリストから見ることができます。それらのすべては食べ物/軽食ですので、家に持ち帰ったものの多様性を楽しむことができます。

 

  1. バクピア
    バクピアは一種のスイーツ、ジョグジャカルタの特別な品です。インドネシアの主要空港でお土産を売る売店でも同じことが分かるかもしれませんが、町で買うほうがお得です。

以前は緑豆のものしかありませんでしたが、、チーズからフルーツ風味のチョコレート今では様々な種類が用意されています。

  1. ヤンコ
    触感は、ヤンコはモチケーキと同じで、同じ主要成分であるもち米粉で作られています。しかし、ヤンコは長方形とカラフルな外観で表されています。色はそれぞれのヤンコの味を示します。通常、ヤンコの風味はフルーツのようです。
  2. ゲプラック
    これは全員のコーヒーのカップではないかもしれませんが、甘い歯を持つ人はそれが楽しいかもしれません。ゲプラックは、細断されたココナツの肉から作られています。砂糖をたくさん混ぜて、甘い匂いがします。材料を混ぜ、次に掬い、味を与える食用着色剤が加えられ、丸い球形に成形されます。
  3. グゲッグ

グゲッグには、乾いた状態と湿った状態の2種類があります。どちらのバージョンでも、主成分は同じです。未熟なジャックフルーツの肉です。乾燥したものは、より長く保存できます。それは常温で3日間もちます。

  1. モンゴ
    モンゴは、ジョグジャカルタの本物のチョコレート菓子です。